pickup
スポンサーリンク

旅行の目的は様々ですが、どんな目的でも思い出はキレイに残したいですね(^^)

特にパパ・ママにとって、子供たちとの思い出は一生の宝物です。ですから、旅行先にも普段から使用している一眼レフカメラを持っていきましょう!ただ、いつものように全ての機材を持っていくのはちょっと難しいかもしれません。

一眼レフカメラはボディだけでも大きいうえに、複数のレンズを持って歩くのは、それだけで荷物が多くなってしまい、折角の旅行自体を楽しめなくなってしまうかもしれません。

ですから、レンズは厳選して持っていくようにしましょう!

旅行に持っていくべきレンズとは?その判断ポイント2つ

旅行中、写真はどのような場面で撮りますか?
旅行先では見える景色全てが新鮮で、どんな場面もシャッターチャンスになるかもしれません。また、観光スポットを背景に撮る記念写真やご当地の美味しい食事の写真などもきちんと抑えておきたいですよね。
そこで、私が考える旅行先に持っていくレンズを選ぶポイントは以下の2つになります。

①小回りの効くレンズ
②背景を広く写せるレンズ

今回はこの二つについて解説しながら、オススメのレンズをご紹介します!



①小回りの効くレンズとは?

小回りが効くレンズとは、まず軽量であることです。軽量であれば、首や肩にかけて移動出来るので撮りたいときに素早くカメラを構えることが出来るはずです!また、大きさも大切です。男性の方なら少しくらい重くても持ち運べるかもしれませんが、大きいレンズを付けたカメラを肩からぶら下げて歩くのは危険です。

観光地では、人混みの中を移動することもあると思いますし、バスや電車などの乗り物に乗ることも多いはずです。そういった何気ない時、カメラを人にぶつけてしまって怪我をさせてしまったり、ぶつかった拍子にカメラ自体が壊れてしまうなんてこともあります。
ですので、大きいレンズを付けたカメラは必ずバックにしまって移動した方がいいですよ。

また小回りを効かせるためには、ピントを合わせられる被写体までの最短距離も大切です!それが特に影響してくる場面が、旅行の醍醐味の一つであるご当地グルメを堪能している時です。折角ですから、そのご当地グルメもキレイに写真に残しておきたいですよね。そんなとき椅子に座ったままでも目の前の料理を写真に残せるよう、レンズの最短撮影距離が短いものを使いましょう!

その目安としては最短撮影距離が出来れば30cm前後のものをオススメします。

いくらキレイに撮れるレンズであっても、最短撮影距離が1mとかになってしまうレンズでは、椅子から立ちあがり料理から離れなて撮影するしかありません。それでは他のお客さんの迷惑になりますし、そもそも狭い場所では離れる事自体難しいかもしれません。
ですから、椅子に座ったままテーブルの上の被写体を撮ることを想定して最短撮影距離は30cm前後のものがオススメなんです!

背景を広く写せるレンズとは?

旅行で訪れる場所はどれも魅力的に見えて、その見える景色そのままをファインダーに収めたいと思うはずです。また、そういった場所で撮る記念写真なら、人物だけでなく、背景もキレイに写してどこで撮っているかが伝わるような写真にしたいと思うはずです。

それならなるべく焦点距離が短い画角の広いレンズを使用しましょう。

魚眼レンズと呼ばれるほど画角が広くなくてもいいと思いますが、私の場合は焦点距離28mmのレンズを使っています。みなさんが使い慣れているスマホの焦点距離が30mm弱なのでそれぐらいだと扱いやすいですし目安にしてください。

ズバリ!オススメのレンズはこれ!

ズバリ!小回り良く、軽量で、画角がひろい広角レンズをご紹介します。NIKON 単焦点レンズ AF−S NIKKOR 28mm f/1.8G です!

焦点距離28mmのフルサイズ対応の単焦点レンズです。比較的軽量・コンパクトで持ち運びにも適していますし、最短撮影距離は28cmと近距離での撮影にも対応できます。
また、このレンズは単焦点レンズなのでF値が小さく明るいレンズとなっているので室内や夜の撮影にも対応出来ると思います。とりあえず、旅行先にはこの1本があると汎用性が高く便利なので是非オススメしたいと思います。

ちなみに、このレンズで撮った写真がこれです!

28mmで撮った子供の旅行写真

旅行先の青い海と青い空をバックに子供の表情をアップで撮りました!他にも

28mm 子供と山

これは、後ろの山と空の広がりをバックに遊んでいる子供たちを撮った一枚です。どちらもなんとなく雰囲気は伝わっていると思います。ですので、旅行先に持っていくレンズは広角レンズの28mm f/1.8Gで決まりです!

ただし、もう少し撮影の幅が欲しい方には、この3本をオススメします。

画角が最大100度になる超広角ズームレンズです。
旅行先での思い出の景色をそのまま写真に収めることができる画角だと思います。
スナップ写真に向いているレンズです。

標準ズームレンズの24mm-120mmまでカバーする使いやすいレンズです。
高倍率ですが解放F値も4固定で、扱いやすく機能性・汎用性のあるレンズです。

どうしても望遠域のレンズが欲しい場合はこれです。
このレンズの場合は、望遠ズームレンズなので広角レンズの他に持っていくことになるので荷物が増えてしまいます。ただ、200mmまでの望遠域をカバーするレンズの中では比較的軽量で扱いやすいレンズです。望遠域での用途が決まっている方なら、後悔しないレンズだと思います。

まとめ

旅行先には、必ず広角レンズを持って行きましょう!
訪れた場所でのその雰囲気までもそのまま切り取り写真に収めるには、広角レンズがぴったりです!是非沢山写真を撮って、思い出をキレイに残して下さい!

スポンサーリンク

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事