pickup
fam2019アイキャッチ
fam2019アイキャッチ
スポンサーリンク

今年もfamの最新号が発売されました!

梅雨の時期は、なかなか外に遊びに行けなくてとした日々を過ごされている方も多いと思います。

そんな時は「fam」を読んで、アウトドアシーズン本番のためじっくりと計画を練る時間にしませんか?

 

famってどんな雑誌?

アウトドア雑誌の多くは、オシャレでカッコいいけど本格的過ぎて初心者にはハードルが高い内容のものばかりだったりしませんか?

逆に初心者向け、ソロキャンパー向けのオシャレさカッコよさより機能性重視の内容のものだったりしますよね。

それだと、私のようなファミリーキャンパーにとっては参考になりにくい内容だったりすんですよね、

それがこの「fam」とうい雑誌は、ピンポイントでパパ向けに作られている雑誌になんです。

パパ向けってどんな内容

パパ向けってどんな内容なのかというと、

  • 大人だけでなく、子どもと一緒に楽しめるアウトドア
  • ママを参加させる、納得させれる、満足させれるアウトドア
  • パパ(30代〜40代)でもカッコよく、オシャレに出来るアウトドア

    つまり私のように小さい子どもを持つパパにシンデレラフィットする雑誌なんです。

    子どもサイズのギアやアイテムがたくさん載っているのも嬉しいポイントです!

    ママのみなさんも、是非パパに読ませてあげてください!

    今回の内容はこんな感じ

    お手伝い

    最近はアウトドアブーム、キャンプブームで毎年びっくりするような最新アイテムも発売されています。

    そんな流行もきっちり捉えながら、『家族キャンプ』をコンセプトとしている「fam」の今年のメインテーマは、

    《俺のキャンプ改造計画》

    どうせキャンプをするなら自分好みの個性を出したサイトでより一層キャンプを楽しみたくないですか?

    ギアに統一感を持たせたり、限定アイテムで揃えたり、自作アイテムを取り入れたり・・・・・

    でも、それってなかなか難しいですよね。

    その点「fam」に載っている内容は、初心者キャンパーやファミリーキャンパーの方向けの手頃に始められるアイデアばかりなので、ちょっと真似するだけでよりキャンプを楽しみ事が出来ちゃうんです!

    ここで少しだけ、私が「真似したい!参考になるなー」と感じた内容の一部をご紹介したいと思います。

    ファミリーなら大型テントでワイワイ楽しもう!

    やっぱり、キャンプするならテント選びって1番大きな選択になりますよね。

    今は「2ルームテント/トンネルテント」が1番人気で、各社本当に色々なテントが発売されています。

    2ルームテント/トンネルテントとは?
    寝室となる部分(インナーテント)の他にリビングスペースが広く設けてあるテントの総称。その2ルームテントの中でもトンネルのような縦に長い形状のテントをトンネルテントと呼んでいます。ドームテントよりも大きな造りになるので最近の主流になっています。

    毎年新しいモデルが発売されますし、どこを基準に選ぶべきか迷ってしまいますよね。

    メガネパパ
    私なんて迷いに迷って、今では3つもテントを購入しています(汗

    本誌ではそんなファミリー向けのテントの中をfamが厳選して紹介してくれているので、これから購入を考えている方にとても参考になりますよ!

    掲載されているテント

    • スノーピーク エントリー2ルームエルフィールド
    • ハイランダー エアートンネル ルーミィー
    • キャプテンスタッグ モンテスクリーンツールーム ドームテント
    • ノルディスク レイサ6
    • DOD カマボコテント ミニ
    • オガワ ティエラリンド
    • ロゴス グランベーシックトンネルドーム
    • テントファクトリー フォーシーズン2RスクリーンテントAOBA450
    • Coleman (ダークルームテクノロジーテント)

      個人的に気になるテントは、ハイランダー エアートンネル ルーミィー

      なんといっても空気の力で設営するテントは画期的!

      空気を入れるだけで自然とテントが立ち上がるので、パパ1人で設営できちゃいます

      しかも他と比べても手頃な値段設定になっているのも嬉しいポイントです。

      予算も設営時間を節約できて、お財布に優しく子どもと遊ぶ時間もたくさん確保できるとなれば、パパにとっては最高のテントかも!

      この「ハイランダー エアートンネル ルーミィー」に興味がある方は、【アウトドア&スポーツ ナチュラム】のサイトへGO!

      それとスノーピークから発売されたエントリー2ルームエルフィールドは、価格を抑えたエントリーモデルながら抜群の安定感で特に初心者にオススメのテントです!

      メガネパパ
      私が愛用しているDODカマボコテントが載っていなかったのが少し残念(ミニは載ってるけど)。オススメなんですよー

       

      野遊びで親のできることを再認識!

      野遊び

      キャンプ・アウトドアといったら、なんとなく子どもの情操教育に良さそうなイメージはあると思います。

      外でしかできないこと」「新しい発見」「野遊びの楽しさ

      得られるものはホント多いんですが、実際にキャンプ中の子どもたちとの接し方次第では効果が倍増するらしいんです!

      野遊びは子どもの心と体の成長にウッテツケです!

      今回のfamでは野遊びを通しての親の役割心構えのヒントを学ぶ事が出来るので子育て大好きなパパ・ママには是非読んで欲しい記事になっていていました!

      famを読んで感じた野遊びでの親の役割
      • 野遊びでの親の役割=「時間かけてあげること!
      • チャレンジすること!寄り添うこと!共感してあげること!が大切
      • 子どもと向き合う時間をじっくり持つことで子どもの考えを理解することも出来る!
      • 自立心好奇心協調性自己表現の成長を促す!
      • 親の心持ちひとつで、キャンプってこんなにも楽しく実りのあるものになる!?

       

      今回の付録はコレ

      fam 2019 付録

      「fam」の大きな特徴の1つが付録です。

      「fam」には毎回びっくりするような豪華なアイテムが付いてくるんです!

      例えば、「ペンドルトンのロールポーチ」や「Coleman×SOTOのWロゴ ミニ焚き火台」など激レアアイテムが付いてきました。

      そして今回の付録もそんな過去の付録同様、おしゃれで機能的な激レアアイテムとなっています。

      それが、

      「L.L.Bean バンジーシェルフバック!」

      あの人気アパレルブランドL.L.Beanとのコラボアイテムです!

      キャンプの悩みのひとつに収納の問題ってありますよね。

      剥き出しになっているアウトドアアイテムは見栄えがいいものではないからです。

      そこでこういった収納アイテムを利用することでサイト内をスッキリ見せる事ができてキャンプのクオリティが上がっていくんです!

      私が感じたこのバンジーシェルフバックのいいところ
      四隅にフックを取り付けられる部分とフック付きのバンジーコード(ゴム製で伸縮性)で、バックとしての収納だけでなく「棚」としても利用できる!
      ソファーやテーブルの下に棚を作れば余計なものを見えないようにしまう事ができるのでオススメです!

      l.l.been シェルフ

      (バンジーコードを使うのでもっと大きいテーブルやソファーでも利用できるよ!)

      メガネパパ
      これから色々使い方を考えるのが楽しみだな!

      準備を整えて、さぁ出かけよう!

      森

      6月が終わるとすぐに夏がやってきます!

      思いっきり外ではしゃげる季節ももうすぐです。

      キャンプに行かなくても、公園へ出かけたりBBQをしたりするだけでも子どもたちはとても喜んでくれるものです。

      そしてそこにちょっとしたアイデアが加わるだけで思い出がより一層深まるんです。

      「fam」にはそんな子どもと過ごすパパのためのアイデアが盛りだくさん詰め込まれています

      夏本番までもう少しです。

      今年の夏を存分に楽しめるよう「fam」を読んで出かける準備をしませんか?

       

      スポンサーリンク

      Twitterでフォローお願いします

      おすすめの記事