スポンサーリンク

Apple愛好家、福島のメガネパパです。

iMacやiPhone、iPadなどのApple製品は、Android端末やWindowsのパソコンと比べて「ウィルスに感染しにくい」なんて言われています。

ですが感染しないわけではありません。

今や、データの漏洩は命取りです。データにも色々ありますが、住所や年齢や電話帳などの連絡先だけでなく、銀行の情報、クレジットカード、IDやパスワードの記録も全てCloudで統合され保存・管理をしています。

つまり、Cloudの情報(iPhoneやiMacの情報)は資産はそのものです。

そこで漏洩対策・セキュリテイ対策の一環として、私はNortonのセキュリテイソフトを使っています。

Nortonのセキュリテイソフト

以前使っていた別のアンチウィルスソフトは、動作が重過ぎて使ってられませんでした。

いくらセキュリテイを強化する為でも、操作性に負荷がかかるようなものは使用する気になりません。

その点Nortonのセキュリテイソフトを使用してからは、そのせいで動作が重くなったと感じた事はありません。

性能は、今までウィルスに感染したことも感知したこともないのでわかりませんが、Macでもリアルタイムにウィルス対策が出来るのでその辺は安心して使っています。

そして、このリアルタイムにウィルス対策が出来るソフトというは、Apple製品対応のものが以外と少ないんです。

そういった点からもAppleユーザーにとって、Nortonのセキュリテイソフトはオススメです!

モバイル用のセキュリテイapp

Mac(iMacやMacBook)=パソコンのセキュリティと同じように、iPhoneやiPadなどのモバイル端末のセキュリティも重要です。

1番重要で簡単なセキュリテイは、モバイル端末のパスワードですが、それだけではやはり不安なのです。

そこで私はモバイル端末のiPadやiPhoneに対しても、ノートンのNorton Mobile.appを使っています。

このアプリは、少し前まで性能がイマイチで使っていなかったのですが、アップデートされてVPN回線が使用できるようになりました。

これによりウィルスを感知→除去してくれるわけではありませんが、リアルタイムに監視してウィルスに感染するの予防をすることができるようです。

最後に

スマホでなんでもできるようになった分、使い方や管理はとても重要になってきました。

ですが、それを気にし過ぎて使わないとういのはありえない話です。日々便利になる道具を使って、自分もアップデートしていく事が大切です。

そう言った意味でも、簡単にセキュリテイの保護が出来るNortonはオススメだと思います。

是非一度検討してみると良いですよ!

モバイルセキュリティの常時利用をやめました!

スマホやタブレットのVPN回線ですが、使って1週間でやめました。

理由は二つ。

一つはデータ通信量が思ったより多かったことです。

スマホやタブレットのモバイルデータ通信量に制限があるので、セキュリティとはいえそのデータ通信料が多過ぎると使う事を躊躇ってしまいます。

私は1週間の利用で300MB程度の通信料だったので、そのまま使用したら月1.5GBぐらいになっていたと思います。

二つ目は、通信料に見合った機能ではないことです。

書きましたが、このモバイルセキュリティのVPN回線はあくまで監視です。

駆除ができるわけではないので、機能としては不十分なんです。

それに対して使用するデータ通信量が多過ぎてコスパが悪い。

それなら、別途料金がかかってもノートンWiFiプライバシーに加入した方がメリットが大きい。

どうしたものか・・・・・。

そこで、私が出した結論としては、

通常はモバイルセキュリティはOFFしてデータ通信量を節約するです。

私はfree-FiWiを利用する機会がほとんどありません。ですので、利用する機会がある時だけチェックする事にしました。

モバイル通信時のセキュリティに関してはちょっと手薄になる感じですが、機能が監視という事なので必要だと思うサイトの時に使用していきたいと思います。

いつも利用するのがフェイスブックやインスタ、ツイッターなどのSNSなので、こういったものを利用する時はOFF。Webページのリンクなどを開く時はONみたいな感じです。

ちょっと危ない使い方なので、今後また検討していかなくちゃいけませんが、とりあえずはこの方法でやってみようと思います。

スポンサーリンク

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事