スポンサーリンク

2019年に入り、SONYより新しいAPCSサイズのミラーレスカメラが発売されました。

「α6400」です!

これは、α6300の後継種の位置付けらしく中位モデルということになります。

SONYのラインナップは以下の通りです。

機種 モデル
α6500 上位モデル
α6400(⇦α6300) 中位モデル
α6000 下位モデル(エントリーモデル)

この中で一番新しい機種が今回発売されたα6400になります。

最新の新しい機種だけあって、他よりも高性能であることは間違いありません。ただそれが他の機種と比べてどれくらい凄い性能になっているのかという事が大切になります。

そうなんです。他と比べて抜きん出る注目すべき新機能をこのα6400には搭載されています。

その注目すべき新機能、それがリアルタイムトラッキングです!

リアルタイムトラッキングが凄すぎる!

リアルタイムトラッキングとはAF機能の1つになります。

簡単に言うと、AIにより顔や瞳を認識してピントが追従して合わせてくれる機能です。

以前から使う事が出来るロックオンAFも追従してピントを合わせてくれる機能でしたが、これよりも格段に性能が上がっているものになります。

これがあれば動く被写体にもきっちりピントを合わせてくれるので、撮りたいタイミングでシャッターを切るだけでいいんです!

瞳AF使用時でもこれは有効になり、画面から瞳が隠れてしまってもそのまま被写体を追いかけて、次に瞳が見えるタイミングに一瞬でバシッとピントを合わせてくれます!(リアルタイム瞳AF

ちなみに、ロックオンAFはα7ⅲやα7Rⅲ、α6500でも使えますが、リアルトラッキングAFは最上位機種α9とこのα6400でしか使う事ができない機能になっています。

爆速のAF速度!

リアルタイムトラッキングにしろ、α6400はAF機能がヤバイです。

ピントを合わせる間にシャッターチャンスを逃してしまうなんて事を経験した事があると思います。

または、撮影してみたら全然ピントが合ってなかったなんてこともあるかもしれません。

それは、ピントを合わせるのに時間がかかっていたからかもしれません。

α6400ではそんな失敗がなくなるかもしれません。

なぜなら、AFの速度が世界最速0.02秒なんです!

いや、でも0.02秒って言われてもイマイチピンとこないなーって思うかもしれませんが、

少なくとも他のカメラより速い事は間違いないです!

しかも!AFエリアがほぼ全面(84%)にあり425点のセンサーで感知できるという精度の良さ!どこの位置だってピントを合わせることができます

つまり、爆速でしかもどこの位置でも精度が良くピントを合わせられる!これならピンボケもシャッターチャンスを逃すこともほとんど無くなるはずです!

ボディに手ブレ補正なし

ただしちょっとだけ、上位機種のα6500より劣っているところも説明しておきたいと思います。

α6400はボディ(本体)に手ブレ補正機能がありません。

APECサイズのカメラで手ブレ補正機能が付いているのはα6500だけになります。

ただ、私の見解としてはレンズ側に手ブレ補正機能が付いているものが多いので、ボディに付いていなくても気にするほどではないと思っています。

買うなら今がチャンス!キャッシュバックキャンペーン中!

今ならSONYの「α6400」がキャッシュバックキャンペーン中なので最大2万円お得に手に入れるチャンスなんです!

[blogcard url="https://www.sony.jp/camera/campaign/cb19family_spring/?s_pid=jp_/camera/campaign/cb19family_spring/_mscam_camjrny_ichjrny"]

ゴールデンウィークが終わる5月6日までの期間なので、購入を検討されている方はこの機会を逃す手はありません。

購入方法は特に指定があるわけではないので、SONYストアだけでなくネットから購入しても家電量販店からでもキャッシュバックは受けられるようです。

期間内に購入した証として、領収書レシートが必要になるようななので必ず取っておきましょう!

箱はバーコード部分の提出があるので、捨てないようにして下さい。

最後に

少し前までミラーレスカメラより一眼レフカメラの方が優れていると思っていましたが、今は一眼レフよりミラーレスカメラの方が断然オススメです。

特に下位モデルの一眼レフカメラでは、太刀打ち出来るものが全くありません。

唯一、価格面だけでは一眼レフカメラの方がボディもレンズもコスパが優れています。

また一眼レフカメラの性能が落ちるわけではありませんし、評価が下がることはありません。

ただし、ミラーレスカメラの性能はまだまだ進歩していく事が予想されますので、今の内にミラーレスカメラに慣れておく事方が良いと思います。

初期投資は少し張りますがこれから付き合いが長くなりますから、その点を考えるとα6400は特にオススメかと思いますよ!

スポンサーリンク

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事