【パパカメラ】10万円以内で買えるミラーレスカメラ2018−2019!
スポンサーリンク

パパカメラマンとして楽しく子どもたちを撮影しています、福島のメガネパパです。

少しでも子どもたちを可愛く撮りたくて色々カメラの勉強してるので、最近は周りからもカメラについて質問される事があります。その中でも多いのが、『オススメのカメラってなんですか?』とか、『何を基準にカメラを選んでいいかですか?』というものです。

私もそうでしたが、初めてカメラを購入する時って解説を読んでもほとんど専門用語で、しかもスペックの数値の大小が何を意味しているのかもわからないんです。だからといって何も調べずカメラを購入すると、あとで後悔するかもしれません。

ですので、最低限ここだけ抑えて欲しいというカメラ選びのポイントと個人的にオススメするカメラについてご紹介しますので、是非これから購入を検討する方は参考にして下さい!

カメラ選びのポイント

カメラといっても種類が多いので、まずはざっくりとした指標を決めました。

指標①価格

高価なものほど高性能なのは間違いありません。ただ、予算って必ずあると思うので今回私がオススメするカメラの価格は10万円程度に設定しました。

5万円程度でも購入できるカメラもありますが、安すぎるカメラでは性能がイマイチ過ぎて、そんなの買うくらいならスマホカメラで十分なんです。
逆に10万円以上するカメラになるとフルサイズミラーレスカメラという、性能は一眼レフカメラ以上のこれから主流になってくるカメラがあります。予算が許すならこれが一番間違いありません。オススメです。私もいつかはフルサイズミラーレスカメラへ手を出したいと思っています。
[blogcard url="https://meganepapa.com/camera/from-now-on-choice-mirrorless-camera/"]

価格で選ぶ!
    • 予算は10万円程度は用意する

 

    • 予算が許す方は迷わずフルサイズミラーレスカメラ

 

スペック・性能

スペックや性能といっても、よく目にする画素数シャッタースピードISO感度といった数値的な指標はあまり気にする必要がありません。ぶっちゃけるとどのカメラもそれほど変わりません。唯一数値的なものでいうとセンサーサイズは大きいほど良いですが、フルサイズのセンサーサイズのカメラは高額で予算オーバーになります。(フルサイズ一眼レフカメラはフルサイズミラーレスカメラよりは多少価格が控えめですが、それでも10万オーバーです。)

では、確認しておきたいポイントはAFと呼ばれるピント合わせの精度と速度です。これは、数値ではないので実際に撮影をして自分で確かめましょう!(一眼レフカメラのAFは精度も速度もミラーレスより上とされてきましたが、機種によっては逆転します。また観測点はミレーレスカメラの方が多いので、ノールック撮影や、センサーの端でのピント合わせも得意なのはミレーレスカメラの特徴です。ただ、それも機種によって違うので実際に確認しましょう。)
それと同じように操作性も自分で確認する必要があります。全てタッチパネルで行うのか、ダイヤルで操作するのか、静止画と動画の撮影の切り替え方法はなどなど、自分の用途にあった使い方ができるかどうかを確認しましょう。

スペック・性能で選ぶ
    • 数値的なものは気にしない

 

    • フルサイズ機は予算オーバー

 

    • AFの性能はピンキリなので自分で確認しよう!

 

    • 操作性の確認!タッチパネルやボタン・ダイヤルの使い方はお好みに!

 

 

デザイン

どうせかならオシャレな方がいいに決まっています。ただしさっきも言いましたが、操作性はとても重要なので可愛いとかカッコイイだけで選ぶことはできません。そういった点を踏まえて、今回は小型で高性能なSONY操作性に優れていてレトロなフォルムのFUJIFILMの2社のミラーレスカメラに絞っていくつかオススメしたいと思います。

SONYのオススメカメラ

α6300

個人的に一番オススメのカメラです。AFの精度もめちゃめちゃ良いので初心者の方でもピンボケ写真はほとんどないと思います。上位機種のα6500というカメラもありますが、価格は10万円をちょっとオーバーしてしまいます。どうしてもタッチパネルが使いたい!手ぶれ補正が欲しい!という事ならα6500になりますが、そこにこだわれなければα6300でも十分だと思います。
(タッチパネルは直感的に操作できるのでとても便利です。ただファインダーを覗いて写真を取ることに慣れている私にはあまり馴染みがないので必要性は低く感じます。全般的にスマートに設計されているてダイヤルやボタンなども少なく軽くて小さくて使い勝手の良さも売りの一つです。操作性に慣れてくれば抜群に便利なSonyのカメラα6300はホントにオススメです!)

FUJIFILMのオススメカメラ

X-T20

FUJIFILMのカメラはとてもシンプルで操作性に優れているカメラです。sonyには機械的な面では劣るところもありますがカメラ上部のダイヤルだけでほとんど設定ができるその操作性は抜群です。見た目もオールド感のある銀塩カメラのようなデザインになっていて他にはない人気のカメラです。

最後に

なんでもネットで買える時代でカメラもネットで安く買えます。ただ、カメラは触ってみないと感じれない事も多いので買う前に必ず家電量販店へ行きましょう!ただし、地方住みの方は近くのお店選びもきちんとしましょう!
[blogcard url="https://meganepapa.com/camera/fukushimashi-denkiya/"] カメラを始めるなら10万円程度は必ず必要になってきますが、これもそれ以上の出費を増やさないための対策でもあります。絶対に安いカメラを買っても使わなくなるか、すぐに他のカメラが欲しくなってしまいますから。ですので、そこは腹を決めて自分の目的のために楽しく投資して行きましょう!

価格が許す方向けのフルサイズカメラ!

スポンサーリンク

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事