メガネパパアイコン
スポンサーリンク

秋はイベント多しです。

この前も子供の保育園の運動会がありました。

その日はとても天気が良くて、子どもと一緒に親も全力で楽しんできました!

まぁ、親の楽しみと言ったら写真撮影ですよね!

パパにとっては、楽しみというよりママから託された仕事って方もいるかもしれませんが、私は喜んで撮影当番をさせていただいています!

NikonD610のフルサイズカメラに、70〜200mmf4のレンズでの撮影をしているんですが、

そろそろ上の子が小学校に上がる年にもなってきたので、もうちょっと望遠側のレンズが欲しいところです。

ただ、Nikonは今のFマウントではないフルサイズミラーレスカメラを発売したので、これからカメラ・レンズを買う場合は慎重になりますね。

[blogcard url="https://meganepapa.com/camera/from-now-on-choice-mirrorless-camera/"]

まぁ、たぶんそれでも新しいカメラはまだまだ買えないので、たぶん望遠レンズを買うとは思うんですけどね!

カメラの限界!これからはドローンが欲しい!

前に他の記事にも書いた事あると思うんですが、

望遠レンズが欲しい理由って、パパやママは遠く離れたところから撮影をしなければならないからなんです。

撮影をして下さる先生や業者(写真屋さんやスタッフ?)がいますが、それでも自分の子どもだけを撮っているわけではありません。

だからこそ、我が子のために遠くからでも狙い撃ちができる望遠レンズが必要になってくるんです。

ただ、それも限界があります。

望遠レンズは高額なものが多いですし、離れているということはそれだけ障害物(被写体の前に入る人や物)も多いはずです。

場所の移動が限られていては、構図を考えて望遠でスポット撮影をするのは本当に大変なんです。

それに、スポットで我が子だけを写せばいいというわけでもない場合があります。

例えば、組体操やグループで踊るダンスのような演技です。

正面や側面からの一方向から観るだけでは、全体像が掴めない演目って意外と多くないですか?

この前の運動会でもそういった演目があって、

「それって子どもだけ写しても何してるか分かんねくね?」って感じでした。

近くの木に登って取ろうかなって思ったくらいでした。

その時、「ドローンがあったらめっちゃよかったのにーーーー!なんでオレ持ってないんだろ?」って、後悔しました。

ドローン持ってたとしても、そこで飛ばさせてくれたかはわかりませんが、

絶対、ドローンで空撮出来ていればめっちゃステキな映像を収めることができたはずなんです!

福島にもドローンの操縦が習えるところが出来たと聞いていて、前々から興味があったんですが、

私の悪いところで、なかなか足を運ぶまで至ってませんでした。

ですが、今回のことでドローンの空撮で子どもの演目を撮影したい!という夢が出来たので、

ここは本気でドローンやってみようと思います。

ドローンを買うか!資格を取るか!

ひとつだけ、悩むところですが

ドローンの教習所のようなところに通うと認定資格を取ることができるようです。

ただし、当然ですがそれには費用が掛かります

この費用がおよそ20万だそうです。

20万あれば、高性能なドローンが買えます。

ただこの認定資格という肩書きは、他の人に説明する際には大きなアドバンテージとなり得るはずです。

特に今私の目標が、運動会でのドローン撮影なので、

運営する団体の許可をもらうためには、そういった肩書きが必要になるのかもしれません。

悩みどころです。クラウドファンディングでもやってみようかな。

とりあえず、近々そのドローンの教習所的なところに行ってこようと思います。

そしたら、また近況をご報告したいと思います。

オススメのドローン情報やクラウドファンディングの方法などあったら、是非教えてください。

コメントはツイッターでも構いません。よろしくお願いします。

スポンサーリンク

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事