スポンサーリンク

長男は前回のウルトラマンに続き、2回目の映画館での鑑賞です。今回はパパが選んだ映画"未来のミライ"を鑑賞してきました。

夏休みは子供向け映画の公開が多いですが、この作品はすこし大人向けかもしれません。私のイメージでは、細田守監督作品の中でいうと、"サマーウォーズ"よりは"おおかみこどもの雨と雪"よりの作品だと思います。

ただ、内容は少し大人向けのように感じましたが、4歳の長男も最後まで飽きることなく観ることができました。映像がキレイですし、主人公が同じ年頃の男の子だったからかもしれません。

ここからは、少しだけネタバレするかもしれませんが、是非パパ・ママにこの作品を観て頂きたいのでちょっとだけ書かせてもらいます。

先にも書きましたが、この作品の主人公は4歳になる男の子です。その男の子に妹が産まれるところから話が始まります。
どこの家庭でもあるようなことですが、兄妹が出来ることで生まれる心境の変化や成長の過程を子供の目線で描かれています。そして、親にとっても子供が出来ることでどのように環境が変わっていくか、子供と一緒に成長していくかも描かれている作品なんです。ですから、今ちょうど子育て中のパパ・ママにとってはドンピシャな作品なんです!自分と重ね合わせながら、家族と照らし合わせて鑑賞することができるので、楽しみも感動も一入です!是非映画館で観てください!

福島市では、フォーラムでもイオンシネマでも両方で上映中です。今年の夏は暑いですし、涼しい映画館で夏休みの思い出を作ってみてはどうですか?

スポンサーリンク

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事