桜づつみ公園 満開の桜
桜づつみ公園 満開の桜
スポンサーリンク

福島は桜の花見シーズン真っ只中です!

関東はもうすでに葉桜になってしまっているようですが、福島はこれから見頃を迎えるところも多いので存分に春を満喫中です!

そして私は「花より団子より子ども」ということで、そんな桜の下で子どもたちのポートレートを撮りに今回は桜づつみ公園に出かけてきました。

福島市 桜づつみ公園の桜並木

この公園は荒川沿いに沿って長く伸びる公園で、名前の通り桜並木が続いている絶好の花見スポットになっています。

この桜並木は、ソメイヨシノを中心として公園内1キロに渡って約220本もあるそうです。

なので、「桜並木そのものが公園になっている」感じなので、公園内には開けた場所はほとんどなく桜の木で埋めつくされています。

駐車場は東側に一箇所ありますがあまり台数が止められないので、西側にある国体記念体育館の駐車場を利用するといいですよ。

桜で埋めつくされている公園ですが、子どもたちが遊ぶブランコや滑り台などの遊具もあって子どもたちにとっては花見関係なく遊べる公園でもあります。

遊具がある場所も桜との距離がとても近いので、子どもたちを遊ばせながら十分お花見ができちゃいます。

ポートレート撮影を満喫!

うちのお花見はピクニックのようにみんなでお弁当を食べながら行うのが恒例です!

桜づつみ公園では河原でバーベキューができるので、桜の季節と秋の芋煮の季節になるととても賑やかになります。

アウトドアも大好きなのでバーベキューもしたいんですが、春の桜の季節は撮影メインで楽しんでいます。

BBQする方へのお願い

公園内、しかも遊具の近くでバーベキューをされている方がたまにいます。子どもたちも多く遊んでいる公園なので、公園内での火器を使った調理(バーベキュー)は危険なので河川敷の方でお願いしたいです。

いっぱい遊びたいのに怖くて思いっきり遊べないよー

 

桜づつみ公園内の遊具で遊ぶ娘

桜づつみ公園内の遊具で遊ぶ娘

撮影条件

    • カメラ:SONY α7ⅲ(ILCE-7M3)
    • レンズ:85mm f1.8 (単焦点レンズ)
    • 焦点距離:85mm
    • F値:1.8
    • シャッタースピード:1/2000sec
    • ISO感度:100

桜づつみ公園は遊具もあるので、そこで子どもたちを遊ばせながらの撮影をします。

子どもたちはやっぱり楽しく遊んでる時の表情がめちゃめちゃかわいいですよね!グズったりすることも少ないのでステキな写真を撮ることが出来るはずです。

ただ近くには他のお友だちも多い場所ですので、パパ・ママは撮影に集中しすぎて周りに迷惑をかけないようにしましょう。

メガネパパ
気をつけます。

 

そこより私のオススメ撮影スポットは公園のちょうど真ん中あたりにある少し丘のように地面が盛り上がっている場所です。

桜の木の下でお花見デート

桜の木の下でお花見デート

撮影条件

    • カメラ:SONY α7ⅲ(ILCE-7M3)
    • レンズ:85mm f1.8 (単焦点レンズ)
    • 焦点距離:85mm
    • F値:2.2
    • シャッタースピード:1/1600sec
    • ISO感度:100

地面が丘のように盛り上がっているので、周辺よりちょっとだけ位置が高くなりさくらとの距離がぐっと近くなります!

そこで撮影をすると、桜の幹の部分があまり写らないので「桜のピンク色」が占める面積が増えて写真全体にピンク色を押し出すことが出来ます!

特に子どものように背丈が低いと、どうしても「幹の部分が大きく写ってしまって肝心の桜が映らない」なんてことが多いので、物理的に被写体を高い位置にして桜との距離を縮めると撮影しやすくなります。

またローアングルからの撮影が簡単になるので、アオリ(地面から空の方向に向かっての撮影)を使って桜写す事ができるのでより桜の花を強調する事が出来てオススメです!

これからは猪苗代や会津地方がオススメ!

観音寺川の桜 猪苗代

観音寺川の桜 オススメ桜スポット

これから撮影に出かける方は、福島市内は見頃のピークを過ぎてきているので、猪苗代や会津地方の桜がオススメです!

今年のゴールデンウィークは長いので、是非遊びに行って写真をたくさん撮りましょう。

ちなみに、私が使っているカメラはSONYのα7ⅲなんですが、ホント子どものポートレートにはうってつけのカメラです!

それに付いての記事もありますので、良かったら一緒に読んでみてください。

スポンサーリンク

Twitterでフォローお願いします

おすすめの記事